発達障害と併発しやすいチック症を出にくくしよう

発達障害の人はチック症(トゥレット障害)がある事が少なくない

アスペルガー症候群やADHDといった発達障害の人はチック症(トゥレット障害)を併発している人が少なくありません。

 

チック症とは

 

  • 首を傾げる
  • 鼻をならす
  • 口をならす
  • 目をパチパチする
  • 声を発する

 

など、人によって症状は様々。

 

単なる癖に見える程度からかなり激しい症状を持っている場合もあるのですが、問題は本人があまり気にしていないところなのでしょう。

 

そのためどちらかと言えば家族の方が気になり、改善する方法を探している人が少なくないのです。

チック症とはどのような病気かを勉強しよう

子供の頃は心と体のバランスが上手く取れず知らない間にストレスを溜めてしまうからか、幼少期の頃には比較的多いと言われています。

 

通常は一過性の事が多く、大人になるにつれ症状がなくなるのでもしかするとこれを読んでいるあなたも昔はチックがあったかもしれません。

 

しかし一過性では治まらず大きくなっても症状が続く場合はチック症やトゥレット障害と呼ばれ、酷ければ精神科などで治療をする場合もあるのです。

 

と言っても、病気そのものを治すのではなくストレスを軽減したりそれ以外の症状を改善したりと、発達障害同様、それそのものが治るという訳ではないのです。

 

私も幼少の頃からかなりのチックがあり、大人になった現在でも治まる事はありません。

 

子供の頃はチックが出るとよく両親に

 

「うるさい!!」

 

と言われましたが、この言葉は更にチックを悪化させてしまう原因になっていたのは自分でも分かるのですが、それでも抑えられないのです。

 

現在、医学ではチックやトゥレットを治す事は出来ませんが改善する方法は沢山あります。

 

その一つに自宅で出来る「チック症改善術」と呼ばれるマニュアルをご紹介したいと思います。

 

子供や家族などがチック症で困っている、悩んでいるなら一度読んでみて下さいね。

チック症やトゥレット障害に特化したマニュアル「中森式チック症改善術」


トップページ 発達障害無料講座 試して良かったサプリ 出会いや結婚の優良サイト